悩む

他院と違う点

髪の毛

男性特有のAGA治療は、専門クリニックで受ける方が結果は出やすいでしょう。当院が行なうオリジナル配合は、AGA治療に基づき行なっているため、薬品の力を最大限に生かす形で進めます。効果を発揮するポイントは、成分の力が関係しておりプロペシアの成分で知られるフィナステリドは、AGA治療を行なう上で非常に重要な位置にあります。元々プロペシアは前立腺を成長させるための薬で活用されていました。脱毛に関係するDHTを少しでも抑えることが仕事になり、発毛を促す点では少々力不足のように感じます。ただ、実験の結果参加したほとんどの人に発毛効果が少しずつ見られていますから、AGA治療に役立つのは確かなようです。アメリカでも、効果があるとして薄毛治療に用いられていますから、今回AGA治療に力を入れる専門クリニックでも採用される形で浸透しています。実際に発毛の効き目が見られるのは半年が経過してからです。そのためAGA治療を行なう専門クリニックは六ヶ月を目安に継続を呼びかけています。尚、途中で挫折するとAGAの症状が出やすくなり、禿げへと進みます。そうならないためのサポートもしっかりしていますから、諦める余地を与えず、長く続けることができるのです。

日本だけではなく各国で販売されているフィナステリドは、男性ホルモンであるDHT生成の邪魔をし、脱毛を防ぐ大切な役割を補っています。すぐに禿げるわけではなく、長い年月を経て進行しますから髪が薄くなったと実感した場合はフィナステリドといった薬の処方が必要になるでしょう。AGA治療でもっとも恐れられるDHTの分泌は、皮脂の分泌を過剰で毛穴を詰まらせる原因を作ります。毛穴を塞ぐ以上毛の成長を止めることになりますから結果を肌で感じることができません。数年が経つと、約80%近くの人が増毛を経験しており、髪の質まで変化しています。髪の生え際から、頭頂部付近まで満遍なく広がるので、メーカーで販売されている育毛剤よりも遥かに効果があると断言できます。

高血圧の薬で開発されたミノキシジルも、AGA治療に最適だと専門クリニックは言います。発毛が期待出来るため、アメリカで注目される成分です。こうした薬には、少なくとも副作用が認められますがミノキシジルの場合面白い程毛が生えるといった驚く副作用で発見されているため、促進させるための特効薬でもあります。ただ、ミノキシジルに発毛効果が得られる仕組みはまだはっきりしておらず、血管の拡張が関係していることだけが効果を出す要因だと言われています。発毛に必要な栄養素を生き届ける役割を持つのもミノキシジルの特徴なので、AGA治療の専門クリニックでは発毛効果を期待して患者へ処方しています。他院との違いは、発毛治療の有力候補である成分を大いに活用していることです。それらの情報を踏まえた上で、早速AGA治療を行なっていきましょう。